外国為替取引のリスク

リスク

FXのメリットをあげる前に、リスクも知っておくことがトレードする上での必要条件になります。リスクを伴わない投資や取引など存在しません。 刻々と変化する為替相場では、大きな損失も想定しておかなくてはなりません。まずは、FXのデメリットやリスクをしっかり理解しましょう。

FXは貯蓄性金融商品ではないので、当然ながら”元本保証”はなく、むしろ相場の影響によって大きな損失を被る可能性があります。

しかも、少ない手持ち資金で大きな資金を動かすレバレッジ取引なので、利益が大きい分、相場を見誤ったときの損失も大きくなります。

FXのリスク

  • 為替変動リスク:為替変動の予測が外れる(予想に反した動き)
  • カントリーリスク:外貨発行国の社会情勢の急変(テロ・戦争)
  • 流動性リスク:取引量が少ないマイナー通貨は価格変動が激しい
  • 信用リスク:取引している会社の経営基盤の悪化による破綻
  • システムリスク:取引システムに障害が発生して売買不能になる
  • その他のリスク:入力ミスによる誤発注やパスワードの漏洩

リスクはこうやって回避する

リスクの種類 回避方法
為替変動リスク 購入時期を分散する。無理に高いレバレッジを設定しない。
カントリーリスク 通貨を分散する。発行体の情勢をつかんでおく。
流動性リスク できるだけマイナーな通貨は避け、取引量の多い通貨を選ぶ。
信用リスク 分別管理している業者。財務状況の良い業者を選ぶ。
システムリスク 複数の会社に口座を開設しておく。システムの違った業者を選ぶ。
その他のリスク 注文内容は正確に伝える。パスワードの漏洩に注意するなど。

上記したFXのリスクを知った上で取引するのと、リスクを何も考えないで取引するのでは、トレードの手法や戦略、シナリオ作りに大きな差が出てきます。FXはデメリットとリスクをしっかり認識してはじめましょう。

FXのメリット

FXの一番の魅力は『レバレッジ』です。レバレッジとは、「てこの原理」のことです。FXでは少額の資金でも多額の外貨を取引することが可能ですが、こうしたカラクリはレバレッジ効果と呼ばれ、外為業者によって異なりますが、10倍~400倍までの設定が可能です。

外貨預金の場合、外貨に両替する際には為替レートを使って単純計算されますが、FXの場合には、証拠金を差し入れることによって、外貨預金と同額の資金でも、より多くの外貨を取引することが可能になります。

FXの魅力

  • レバレッジ効果:少額の資金でも多額の外貨を取引することができる
  • チャンスが2倍:円安でも円高でもリターンを得るチャンスがある
  • 24時間取引可能:24時間いつでも好きなときに取引できる
  • 自動売買しやすい:逆指値、IFD、OCOなど注文方法が多彩(シストレも可能)
  • 手数料が安い:外貨預金に比べると1/10~1/100、あるいは無料で取引可能
  • 換金性が高い:預金期間が決まっていないので、いつでも換金できる

お薦めのFX業者

ひまわり証券【マージンFX】
手数料 通貨ペア レバレッジ 信託保全
0円 30種類 200倍 SG信託銀行

日本ではじめてFXを開始したのがひまわり証券。証券会社とあって、為替レポートや為替市場の分析サービスが充実していて、投資初心者からベテランまで幅広い層に人気があります。