「買い」からでも「売り」からでも入れる

外貨預金は「買い」からスタート

外貨預金をはじめるときは、円で米ドルを買ってから預け、引き出すときに再び外貨を売って円に換えます。元々の手持ち資金が円なので、外貨を「買って」「売る」という取引しかできません。

しかも、外貨が安いとき(円高)に預け、更に円高が進み外貨がもっと安くなってしまうと、差益ではなく”差損”になってしまいます。円安に向くことを黙って願うしか対策はありません・・・。

FXは状況に合わせて売りからでもOK

売買のタイミング

FXは、「買い」からでも「売り」からでも取引ができます。外貨が安いときは買って、高いときは売ることからはじめればよいのです。

「持ってもいないのに、なぜ売れるのか?」

FXは反対売買を行った際に発生する差額(利益または損失)のみをやりとりする取引ですから、保証金を預けるだけで売買が可能になります。FXの魅力の一つでもあり、リスク回避の手段としても有効です。

FXの注文方法

注文方法 特徴など
指値注文 新規注文、決済注文の基本形。安い相場では「買い」、高い相場では「売り」といった注文を出すときに使う方法。
逆指値注文 指値注文とは逆の買い方がこの方法。相場が予想に反して動いた場合に損失を抑えるために行うときに使う方法。
IFD注文 新規注文と決済注文を同時に出しておき、新規注文が約定したら決済注文も執行される方法。新規注文が約定しなければ、決済注文は無効になります。
OCO注文 異なる二つの注文を出し、1つが約定したら、自動的にもう一方がキャンセルされる注文方法です。
IFO注文 IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。IFDで新規注文を行い、その決済をOCOで「利食い」「損きり」の量針にする場合などに用います。

売買のタイミングを自動で教えてくれるシステム

FXライブ

セントラル短資のFXでは、市場情報・経済指標などを分析し、また、現在どのテクニカル指標が有利かを徹底分析。その結果を”売買シグナル”としてお知らせします。取引のタイミングを自動で知らせてくれるというシステム、それが『FXライブ』です。

セントラル短資FX

手数料無料 通貨ペア22種類
シストレ機能有り 自動売買機能無し
最大レバレッジ ダイレクト:50倍/ハイパー:100倍
最低証拠金 20,000円