まだまだ続く個人投資ブーム

株式市場の活性化の要因の一つに、インターネットで取引する個人投資家の数が右肩上がりで増え続けていることがあげられます。長引くゼロ金利の影響で資産を増やすどころか、むしろ目減りしてしまっている投資家の方も多いのではないでしょうか?

ネット取引

そんな状況を何とか切り抜けようと、資産を預貯金以外の投資対象に振り向ける方も大勢いらっしゃいます。
こうした状況は昨今の投資ブームの流れと言ってもいいでしょう。

伝統的な資産のリスク管理

資産管理は昔から『分散保有』してリスク回避することがセオリーとされてきました。日本では財産を不動産、預貯金、株の3つに分ける『財産3分法』の知恵が受け継がれてきました。

株式ブームとはいえ、株ばかりにお金をつぎ込むのは危険です。景気の行方や保有銘柄の業績によっては、株券がただの紙切れになる可能性もまったくゼロではありません。株式以外にも資産を分散させることが必要です。その分散投資候補の一つに、『外国為替証拠金取引』をご紹介します。

外国為替証拠金取引

1998年の「改正外為法施行」によって、それまで一部の銀行などに限られていた外国為替業務が一般企業にも認められ、外国為替証拠金取(以降、FXと呼びます)は瞬く間に一般投資家に普及しました。

わずか5万円~10万円前後の保証金を預ければ、その10~20倍もの外貨を取引できるFXは、少ない元手で大きな収益を期待できる投資手段として、人気を集めています。当初の顧客層は、オンライン証券取引で経験を積んだ投資家が、分散投資を兼ねてFXをはじめたケースが多勢でした。

投資未経験の方でも容易に参加が可能なFX

チャート

FXは、過去に投資経験のない方にとっては、なにやらわけのわからない存在でしたが、”外貨を買って、外貨を売ったときの交換レートの差額で儲ける”というシンプルな仕組みですから、投資やFX初心者の方でも容易に参加することが可能なのです。

FXの仕組みそのものは複雑ではありませんし、売買注文の方法もいたって簡単です。最近では、インターネットを利用する「ネット取引」が主流となっており、相場を読むための情報収集やチャート分析、注文などが、パソコン1台あればすべてできるるようになっています。

FXの投資戦略も売買も自動で!

自動FXトレード

FX未経験の方でも、一度はトレードに挑戦してみたいという方もいらっしゃいます。ただし、闇雲に売買しても勝利の女神は微笑んではくれません。。。そんな方にお役立ちのトレードツールが、『FX自動売買システム』です。システムが売り買いのタイミングを見つけて、自動的に売買をこなしてしまうというスグレモノ。相場分析や投資戦略が苦手なFX初心者の方にとっても強い味方になってくれます。FX専業者のサザインベストメント株式会社が提供する『Trade Messenger』がそれに該当します。

金融商品取引業者等に対する検査

証券取引等監査委員会
証券監視委の公表文を装った文書が一部ネット上で認められていますが、証券監視委の公表文につきましては直接証券監視委のホームページにてご確認をお願いいたします。
証券取引等監査委員会からのお知らせ